FC2ブログ

    2010

11.16

熱砂の覇王の粋な夏姿

「アシュリー、何してるの? 早くお祭りに行こう!」
桜太は、いつまでも部屋から出てこないアシュリーに痺れを切らせて、せかしに行った。
「待ってくれ、桜太。浴衣を、せっかく登志子さんに着付けてもらったんだが、上手く決まらないんだ」
そう言うアシュリーの周りを、桜太はクルッとまわる。
「ちゃんと着れてるみたいだけど? アシュリーは身体が大きいから、ちょうどいい既製品の浴衣が売ってなかったんだよ。それで母さんが急いで縫ったから、着心地が悪いのかもしれないな」
「いや、登志子さんが縫った物に間違いはない。……だが……」
「だが?」
「せっかく祭りに行くというのに、なんて言えばいいのか、……上手い日本語表現が解らないが、どうもトラディショナルすぎる」
「そもそも浴衣って、トラディショナルなもんなんじゃない? 特に外人のアシュリーから見ると……」
「しかし、バルクは、日本のお祭りというのは、少々型を崩した方がイケているものだと言っていた」
「何をバルクさんに吹き込まれたか知らないけど、せっかくイケメンなんだから正統派でいいと思うよ」
「イケメンなら、いつも取り澄ましていないといけないというわけではないだろう。時には羽目を外したくなる」
「……『イケメン』っていうのは、全肯定なんだね」
「違うというのか?」
「……違いません」
アシュリーは、大きな鏡に、雑誌のモデルも泣いて謝るくらいの、カッコイイ姿を映し、不満そうに眉間に皺を寄せている。
普通に見ると、ナルシストでそういう行動を取っているように見えるが。
たぶん、アシュリーは大まじめに悩んでいるのだ。
桜太にはそれが解る。
「ねぇ、アシュリー。日本のお祭りでイケてる浴衣姿になるのは、実は簡単だよ」
「簡単なのか? その方法は?」
桜太はクスッと笑う。
「その方法は、今すぐにお祭りへ行くだけ。……今夜だけは目立つのを許してあげるから、アシュリーが満足するまで、夜店でお面や綿菓子やリンゴ飴を、たっくさん買おう」
「たくさん買い物をするのと、私の着こなしとなんの関係がある?」
「関係あるよ」
「ふむ。確かにお面をかぶれば、お祭りらしい着こなしになるかもしれんな」
「それだけじゃないよ。あと、金魚掬いもしよう。粋な浴衣姿の男は金魚掬いが上手いもんなんだよ!」
「……そうなのか?」
「そうそう。今のアシュリーに足りないのは、実践のみ! さぁ、行くよ!」
「実践のみか。確かにそうかもしれない。……で、桜太。わたしの浴衣姿はどうだろうか?」
え? まだこだわるの? と、桜太は思ったが。
非常にわかりにくいが、アシュリーは少し緊張しているんだということに気がついた。
「日本の夏祭りはね、元々崩すほどの型なんてないんだ。『踊るアホウに見るアホウ、同じアホウなら踊らにゃそんそん』っていうことなんだから。……解った?」
「……ひとまず、踊ればよいということだな?」
「そうそう、踊って、金魚掬って、綿飴食べればいいんだよ。アシュリーにそうやって楽しんでほしくて、母さんは浴衣を縫ってくれたんだから。だから、行こう!」
桜太は、勢いよく、アシュリーの長くて逞しい腕を引っ張った。
「そうだな。私としたことが少し焦ったのかもしれない。桜太の言うとおり、まずは実践して、日本の和装の似合う男になることにしよう」e
別に、アシュリーに和装の似合う男になってほしいと、誰も望んでない。
正直なところそう思ったが、またアシュリーが悩んでしまうので、桜太は黙っていた。


今夜は2人で行く初めての夏祭り。
桜太が愛するアシュリーと、桜太と日本を愛するアシュリーの、楽しい楽しい夏祭り。 END



2007年発売 ダリア文庫『熱砂の覇王に愛されて』サイドストーリー折り本(2010年夏コミ発行)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

                                     
スポンサーサイト



ダリア文庫『熱砂の覇王に愛されて』
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.13

熱砂の覇王に愛されて

熱砂の覇王に愛されて

▲熱砂の覇王に愛されて

本日、発売ですv(*゜∀゜*)vィエィ☆
久々の文庫ということもあり、新人のつもりで一生懸命書きましたので、どうぞよろしくお願いします!

世にたくさん発売されているアラブ物ですが、実は、ダリア文庫さんとしては初だそうで、わたしも生まれて始めて書きました。
出来上がった本を見てみたところ、なんとイラストレーターさんの杉原先生も初めてアラブを描かれたということで、ビックリしました☆
フレッシュな雰囲気とラブ&スウィートてんこ盛りです(*^-^*)
砂糖菓子に生クリームとハチミツをかけたような甘~いストーリーと、頑張って書いたえっちシーンをお楽しみ下さい!

文庫のあとがきにありますように、作品を書いていく過程で必要ないと判断し、残念ながら割愛してしまった「主人公・桜太のパパから、桜太へ宛てた手紙」をブログに載せます。
そもそも不要になったものなので、実際の小説の内容に一部そぐわない内容も含まれます。
とはいえ、実際の小説の中では、既に亡くなっている為、何も語ることがなかった桜太のパパの肉声を垣間見て下さいな。


 愛する息子、桜太へ。

 桜太がこの手紙を開封するのは、ズバリ16歳だと見た!
 違ったかな?
 だが、たぶん正解だ。そうだろう?
 買ってあげたばかりの、真新しいランドセルを背負う小さな桜太の姿しか知らないパパだと思うなよ。
 パパはいつだって桜太の傍にいて、桜太の幸せを願い、桜太を愛し続けている。
 父親の息子への愛はいくら肉体が朽ちても普遍なんだ。
 もっとも、毎日、一緒に桜太と暮らしていたら、照れくさくて言えない台詞だったろうと思う。
 肉体という殻から解放された魂は、自由でいい。

 もっとも、パパは肉体という殻を着ていた頃も、恐らく世界でイチバン自由に生きていた。
 生まれこそアラブの小国の王の嫡男だが、ラッキーなことに石油を掘り当てて10年目に生まれた王子だった。
 だから、好きなことやったし、なんでも買った。
 思いつく限り、お金でできることはぜんぶやり尽くした。
 自分のことばかりでは飽き足りなくて、……これはとても難しいことだったが、イスラムの教義内容を改善し、社会福祉にも力を注いだ。
まだまだ力不足だったが、我が国の人々の生活が少しは楽になったんじゃないかと自負している。

 運命的に、パパは桜太のママに出逢った。
 生まれた時から持っていたもの、そして、自分が努力して得たものを、ママとの生活と引き替えにすべて捨てた。
 我が国を愛していたが、桜太のママが生まれ育った日本を、もっと愛してしまい、パパは祖国を離れた。

 ここでパパは、桜太にひとつの選択肢を残していく。
 もしも、桜太が、なんらかの理由でパパのことが必要になった時……、申し訳ないがパパには肉体がなく、もう桜太に触れたり話しかけたりすることはできない。
 だが、パパの祖国に、パパと同じ碧い目をし、金色の髪を持って生まれた弟がいる。
 彼を頼りなさい。


●インターネット通販●
熱砂の覇王に愛されて / 小笠原 あやの

ダリア文庫『熱砂の覇王に愛されて』
トラックバック(-)  コメント(-) 

 |TOP